Travel Kurarin

古着、ドクターマーチン、沈船ダイビング、海外旅行など雑記ブログ。Ex 観光ガイドブック出版社勤務、JICA海外協力隊 2018-1次隊 ミクロネシア連邦チューク州。月間約8万PV。訪問国は約50カ国。執筆依頼、取材、問合せはコチラ。

ビブラムソールのヒール交換修理キットでペグマンローファーを自分で修理してみた【革靴、踵、すり減り、削れ、安い、ダイソー、100円ショップ、ダイアボンド、PEGMAN】

ペグマンローファーの踵の削れを自分で修理してみた

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001804j:plain

8年ほど履いている、ペグマンソールのローファー。シボ革を使用しており、耐久性がある。歩きやすいので気に入っていて、傷などはサーフィールの傷補正剤で色を塗って直して使っている。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001807j:plain

ソールごと交換してみようと思ったが、このペグマンローファーはアウトソールが縫い付けられており、面倒。ビブラムソールのヒールソールのみの交換修理キットで踵のソールだけ自力で交換してみた。

ビブラムソールのヒール交換修理キット

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001810j:plain

ビブラムの交換用ヒールソールは3種類売っている。今回は黒い25.5cmの革靴にMを使用。少し大きくても、ヤスリで削れば接着後に調整できるが手間がかかるので、できるだけジャストサイズを使うことを薦める。交換用トップリフト、などの名前で販売されている。値段は1000円程度なので、安い。

100円ショップの踵修理パッチはすぐ剥がれて取れてしまった。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001815j:plain

以前、100円ショップに売っている踵修理パッチを使ったが、1日で剥がれてしまった。接着にはダイアボンドを使ったので、接着は問題なかったが、歩くときに負荷のかかる(それだけ削れやすい)、踵だけに接着でパッチをつけても耐久性が足りなかったというのが俺の考察。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001817j:plain

見た目も悪く、いっそ踵のソールごと交換しようと思ったのが今回のきっかけ。

交換用のビブラムソールと元々ついていたソールを比較

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001820j:plain

交換用のビブラムソールと剥がしたソール。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001822j:plain

少しだけ厚みが異なるが問題ないだろう。サイズは外周さえ合っていればなんとかなる。

ビブラムソールのヒール交換修理キット

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001824j:plain

今回使用したビブラムのソールキット。接着剤は付属していない。

接着剤はソール交換でプロや修理屋が使用するダイアボンドを推奨。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001827j:plain

ヤスリで削るなど、注意書きなどが書かれている。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001829j:plain

図で解説されており、わかりやすい。

まずはソールを剥がす

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001812j:plain

まずは元々のソールを剥がす。ラジオペンチなどを使えば簡単に剥がせる。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001832j:plain

接着剤が劣化しており、すぐ剥がれた。

交換用ヒールソールを革靴に合わせる

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001834j:plain

交換用のヒールソールを合わせてみる。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001838j:plain

土踏まずのあたりが少しサイズが合わないので、接着後にカットする。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001840j:plain

両足が剥がれた。

踵の内側のすり減りにはシールパッチを貼り付けて修理した

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001843j:plain

ボロボロになりやすい、踵の内側も修理した。毛羽立ちやほつれを整えて、シールタイプの合皮補修シートを貼るだけ。見た目は少し悪いが、簡単に直せる。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001845j:plain

使ったのはこのような合皮の補修シート。シールだがきちんと貼れば剥がれない。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001848j:plain

色々なサイズが売っているが、大きいソファ用などを買って自分で切って使うのが安い。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001850j:plain

剥がした後の革靴側にビスが残っていた。ペンチで抜けなかったので、このまま新しいソールを貼り付けることにした。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001853j:plain

革靴側をヤスリがけする。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001855j:plain

残っている古い接着剤をヤスリがけで磨く。この工程が一番大事で、サボると接着した新しいソールがすぐ剥がれる原因になる。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001858j:plain

木製のヒールソールの土台をがんがん削る。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001901j:plain

両足のやすりがけを終えた。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001904j:plain

大事な工程なので、何度か合わせてヒールソールの位置を決める。サインペンで印をつけて、接着時にガイドにする。

ダイアボンドでソールを接着する

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001907j:plain

ダイアボンドは強力で、一度付けるとやり直せないので慎重に行う。

f:id:kurakurakurarin1991:20220124001846j:plain

ポイントは2回塗ること。乾かしながら2回重ね塗りする。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001911j:plain

ローファー本体にも二度塗りする。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001914j:plain

そして、ダイアボンドは少し乾いた状態で圧着する。乾く前に接着すると剥がれやすいので注意。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001924j:plain

慎重にソールを圧着する。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001919j:plain

サインペンでつけた印をガイドにして丁寧に貼り付けた。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001917j:plain

ほとんどズレがなく、ソールを接着できた。もうこの時点でダイアボンドが張り付いてかなり固着している。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001922j:plain

ビスによる浮きはハンマーで叩いて圧着した時になくなるから放置。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001926j:plain

実際に履いたり、体重をかけたりして圧着する。ハンマーでビスを打ち込む。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001929j:plain

両足とも綺麗にできた!

余分なソールを削る

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001931j:plain

はみ出たソールを削る。まずは大きな部分をカッターで削る。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001939j:plain

斜めに力をかけすぎて内側に削れてしまった。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001941j:plain

ビブラムソールはカッターで簡単に切れないので、意外と疲れる作業。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001943j:plain

カッターで削った後は表面がでこぼこしているのでヤスリで均す。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001946j:plain

内側に削ってしまった部分は少し目立つ。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001948j:plain

ヤスリを慎重にかける。適当にやると革靴本体が削れて傷が目立つ。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001953j:plain

完全に滑らかにするのは難しいので、目立たなくなる程度で自分は終了。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001956j:plain

パッと見は綺麗なので目立たない。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224001958j:plain

はみ出た接着剤が少し目立つ。

サインペンでカモフラージュする

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002003j:plain

あまり良い方法ではないが、自分がよくやるのが油性ペンで塗って、傷や色ムラを隠す。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002006j:plain

ヤスリがけをしすぎて木製のソールが削れて色が見えてしまった。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002008j:plain

サインペンで塗って目立なくした。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002011j:plain

ベースの元々とソールとビブラムソール交換用のサイズが合わなくて露出している部分もサインペンで塗った。

ビブラムソールのヒール交換修理キットでペグマンローファーを自分で修理。完成!

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002013j:plain

完成。思ったより綺麗にできたのではないだろうか。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002016j:plain

慣れもあるが、1時間でできるし、1000円程度。

f:id:kurakurakurarin1991:20211224002021j:plain

サイズがあうソールさえあれば自分でソール修理は簡単だった。

ダナーのソール交換を自分で張替えてみた

f:id:kurakurakurarin1991:20210826004928j:plain

前々から欲しいと思っていた、ダナーの登山靴やトレッキングシューズ。今度、苗場山に友達とトレッキングに行くことになり、購入を検討。どうせならかっこいいビンテージのダナーが欲しくなり、調べてみたが、とても高い。なのでソールがすり減っていて安いダナーブーツを購入し、自分でビブラムソールを張替え、交換してみた。

ダナーのソール交換を自分で張替えてみた【ビブラムソール、張替え、登山靴、初心者、やり方、踵のすり減り、方法、ミッドソール、ダナーライト、マウンテンフッド、靴修理、リペア、手入れ、ダイアボンド】 - Travel Kurarin

【動画】ダナーのビブラムソールを自分で張替え交換してみた!

youtu.be

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村