Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

在住者が教えるフォノム島 完全攻略【行き方、トイレ、ダイビング、日本人、日帰り、ホテル、星空、ツアー、貸し切り、お酒、オーロラ島、オローラ島】

ジープ島とは違う、さらにもう一つの無人島リゾートがチュークにはある。フォノム島。ジープ島と同じく、ブルーラグーンリゾートが保有する島。チューク在住の著者が紹介するフォノム島。まだまだ知名度がなく、いつでも貸し切り。本当の無人島リゾートだ。情報が少ないフォノム島についてわかりやすく紹介する。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114216j:plain

個人的にはジープ島も良いが、フォノム島の方が好みだ。チュークに友達が来てくれた時にはジープ島はピクニックで行って、離島泊はフォノム島にしている。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114741j:plain

フォノム島の良いところは距離感。ジープ島よりも島は大きく、コテージは3つの部屋に別れている。小さくて人口密度が高く、コテージも男女で分けられて雑魚寝のジープ島とは違い、他の客やスタッフと距離を置けるのが最大の利点だ。島のまわりはもちろんサンゴで、ジープ島よりも少しサンゴがまだ残っている。潮が引くと道ができて本当に本当に文字通り満天の空の下に行けるのも好きなところだ。海や星、自然のことはジープ島と同じく素晴らしい体験ができる。 

youtu.be

 

※基本情報など、ジープ島の記事と重複している部分もあり。

 

 

フォノム島ってなに?

ミクロネシア連邦、チューク州にある小さな島。

一周200m程度。ジープ島よりも少し大きい。潮の満ち引きでけっこう島の大きさが変わる。

現地名でも同じくフォノム島。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114116j:plain

ブルーラグーンリゾートホテルが島を所有しているが、こちらは日本人専用ではない。ただし、欧米人で泊まるお客もかなり少ない。とにかく知名度が低く、ブルーラグーンも宣伝していないのでほとんどいつでも借り切り状態。

最大定員10名。人数や金額によっては貸し切りもできる。

 

一部ではフォノム島のことをオーロラ島やオローラ島とも呼ばれているが、これらはフォノム島のことを表している。チューク在住40年の末永さんのブログによると下記の通りだ。

キミオ・オローラ島 名前の由来 ( オセアニア ) - 《 南国便り 》 ミクロネシア・チューク(トラック)諸島 - Yahoo!ブログ

ただ、チュークではみんなフォノム島と呼んでいて、オローラ島と呼んでいる人を聞いたことがない。

ブルーラグーンリゾートホテルってなに?

ジープ島やフォノム島を所有しているホテル。チューク州州都のウエノ島の南端にある。

フォノム島に行く場合はこのブルーラグーンにあるブルーラグーンダイブショップから船で移動する。

ブルーラグーンリゾートの解説は下記参照。

www.kurakurakurarin.com

日本人スタッフはいるの?

2018年12月現在、20代の日本人男性スタッフがブルーラグーンにいる。フォノム島には在住していない。夜間のフォノム島では現地スタッフのみとなる。ただし、ジープ島と違って日本人宿泊客に慣れているわけではないので、食事や水の用意などの最低限のことだけやってくれる。不安点かもしれないが、逆に言えば完全放置してくれるので干渉されず、自分の仲間とゆっくり時間を使うことができる。ウエノ島でもチューク人は英語が公用語なので、単語と身振り手振りでなんとかコミュニケーションはとれる。

どこにあるの?どうやって行くの?

ミクロネシア連邦、チューク州にある。

日本からはユナイテッド航空でグアム経由、チューク国際空港へ。

日本からグアムは約4時間。グアムからチュークは約1時間30分。

空港のあるウエノ島からボートで20分くらい。ジープ島よりも近い。

成田からは土曜発、日曜帰国の往復がグアムの滞在時間が最も短い。

※2018年9月に就航したニューギニア航空の成田-チューク間の直行便は運休中。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110115121j:plain

チューク州とウエノ島ってなに?

チューク州はミクロネシア連邦の4州のうちの1州。最も人口が多い。

日本統治時代にはトラック諸島と呼ばれていた。

ウエノ島はチューク州の州都。名前がたくさんあってややこしい。

ウエノ島=モエン島=春島 

旅行手配はどうやるの?

個人手配もできるが、英語でブルーラグーンダイブショップと直接メールでやり取りすることになる。旅行代理店を使うのが一般的。とはいえ、フォノム島の手配は限られた旅行代理店しか行っておらず、まさに秘密の離島。まずはブルーラグーンに直接問い合わせるか、旅行代理店に相談してみよう。宿泊料金はジープ島と大きく変わらない。ジープ島の手配を取りまとめているブルーラグーンジャパンからも予約は可能だ。 

 

※一部ではフォノム島のことをオーロラ島やオローラ島と呼んでいるので気をつけて。同じ島を表しているので勘違いしないように。

 

【公式】ジープ島オフィシャルサイト|ブルーラグーンジャパン

ブルーラグーンジャパンからはフォノム島の予約も可能。

 

他、フォノム島を紹介している記事だ。

第2のジープとしてのフォノム島、いよいよ本格デビュー! | 夢雲のフォト日記

ミクロネシア・チューク「フォノム島」のご紹介|海外ダイビングツアー|ダイブナビ

フォノム島情報|海外ダイビングツアーやリゾートツアーなら【Vacations21】

 

トラック オーシャンサービス オローラ

上記のサイトではフォノム島のことをオローラ島と表記している。

旅行の日数

ジープ島に行くツアー会社が出しているパッケージは5日~9日程度が多い。それと同じ日程で来れる。このページに旅行パターンがある(わかりにくいけど)

ツアー日程&料金 | 夢雲のフォト日記

 

設備がなにもない、人と距離感が近い、電波がない、という島をどれくらい楽しめるか個人の価値観によって滞在日数は決めたほうがいい。なにもなくてゆっくりできた、という人もいるし、きちんと寝れないからきつい、という人もいる。

  

ちなみに、ブルーラグーン宿泊の場合は日帰りでフォノム島に遊びにいくこともできる。

旅のシーズン、天候

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114704j:plain

チューク州は年間を通して気温は30度。

水温は28~30度。

12月~4月ごろが乾季(風が強くて波が高い)

5月~11月ごろが雨季(風が弱くて波がない)

 

とされているが、低気圧が発生すれば雨季でも風が強いことはあるし、乾季でもスコールは降る。天気はちょっと運次第のところがある。そのため、年間を通じてベストシーズンと言える。強いて言うなら、日本の長期休み時は島が混雑して、快適に過ごせないのでお盆や年末年始などは外せるといいかも。イルカに会いたいなら雨季を薦める。低気圧さえなければ雨季でも乾季でも、一日中雲で晴れ間が見れないという日はあまりなく、だいたい晴れる。問題は風。

 

日本に来る台風はこのエリアで低気圧として生まれるので、日本に台風が来る前はチュークも荒れていることが多い。ただし、チューク周辺では低気圧なので、台風のような被害はでることはない。

島の施設、設備

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114836j:plain

水は雨水利用。基本、断水などはない。

 

コンセントや夕方~朝までのみ使える。ジープ島よりも新しい発電機で、騒音も少ないし、フォノム島は夜通し付けてくれる。この時間以外電気はない。コンセントの形は日本と同じで、電圧が110V。コンセントは部屋に少ないので延長コードは必須。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114417j:plain

去年できた新築コテージは3部屋に分かれている。5,6人収容の大部屋、2人収容のダブルベッド部屋が2つ。この部屋が別れていて、島も大きく、食事も団体ごとに出されるのが個人的に一番好きなポイント。とにかく島を自分たちだけで楽しめるのだ。カップルであれば1部屋を二人だけで使える。もしも他に宿泊客がいても、距離感を保って過ごすことができる。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114553j:plain

大部屋。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114612j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114624j:plain

 ダブルベッドの部屋2部屋。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114639j:plain

シャワールーム。ひとつのみ。シャンプーなどは全く置かれていない。タオルはない。アメニティは一切ない。ジープ島と違い、水は1人1杯ということはなく、大きなバケツが置いてあるだけだ。ただ、使い放題ではないので、使う量は節水で考えよう。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110115134j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114435j:plain

トイレ。2つある。ジープ島よりは清潔な印象。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114827j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114910j:plain

島には客用コテージ、スタッフコテージ、トイレ2つ、シャワー、キッチンの他に屋根だけの小屋が1こある。ここで夜は寝ることもできる。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114808j:plain

キッチン。というよりはバーベキュースペース?

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114518j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114352j:plain大部屋の前はウッドデッキになっていて、大部屋利用客ならウッドデッキも使える。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114307j:plain

木陰が多く、気持ちいい。

持ってきた方がいいもの

マリンシューズ

">砂浜、のような書かれ方をしてるけど実際はサンゴのガレだらけで痛い。完全にサンゴのガレの要塞になっている。f:id:kurakurakurarin1991:20190110114333j:plain

延長コード

ソーラーパネル

どうしても常に充電していたい!という人にはソーラーパネル発電があると便利。晴れていれば半日でスマホくらいは充電できる。

 上着

風があったり、雨が振ると寒い。

キャンドル

あると雰囲気が良い。下記のような、小さいキャンドルや安いキャンドルだとすぐ消えてしまうので、少し大きめのキャンドルや、グラスに入っているキャンドルがおすすめ。

食事

現地人の世話役がつくってくれる。あるサイトに食べれると書いてあったが、ロブスターやマングローブガニが食べれることは滅多にない。出てきたらもはや奇跡。絶対でないと思ったほうがいい。そもそも出たというのを聞いたことがない。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114046j:plain

基本、米、スパム、卵焼き、目玉焼き、トースト、野菜炒めみたいなやつ、バーベキュー、おにぎり、チャーハンなど。味は日本人向けになっている。味は普通だけど美味しい!ご飯はジープ島とあまり変わらないが、料理人によっては毎日単調なものになる。  

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114751j:plain

水は飲み放題で、お湯も沸かしてくれる。インスタントコーヒーは備え付けあり。島には当然だが、一切なにも売っていない。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110115009j:plain

 ビールなどはウエノ島で買って持ち込むしかない。氷はあるのでクーラーボックスで冷やせる。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114926j:plain

ダイビング

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114459j:plainフォノム島周辺のハウスリーフでダイビングすることができる。沈船ポイントに近いので、ブルーラグーンのダイバーが水面休憩で島に寄ることも多い。 サラットパスやキミシマ環礁に関してはダイビング関連サイトを参照。 

  • キミシマ環礁

日本統治時代に君島環礁という名前だった。現地名はネオチ環礁。キミシマ環礁へは天気が良ければいける。ジープ島の方が近いので、フォノム島からだとちょっと遠い。

  • 沈船ダイビング

ジープ島とは違い、近い沈船ポイントが多い。沈船ダイビングをがっつりしたいけど離島も泊まりたい!という人はフォノム島の方が断然おすすめ。

シュノーケル

マスクとフィンはブルーラグーンダイブショップで借りることができるが、値段は高いし質は悪いので持参を薦める。サンゴが多く、遠浅なので上下長袖を薦める。切ると痛い。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110115025j:plain

ジープ島ではほとんど見ないが、フォノム島の周辺には小魚の群れがびっしりいる。これらを狙った魚の捕食を見れるのが面白い。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114723j:plain

潮が引けばタイドプールができて、流れがほとんどない中で遊ぶことができる。 

ドルフィンスイム

f:id:kurakurakurarin1991:20190110122314j:plain

ジープ島と同様で、ドルフィンスイムも可能。波がなければ見つけられる。イルカが目的なら日本の夏頃、雨季がいい。風がないのでイルカが見つけやすい。風がなければ大抵、イルカを見つけることはできるが一緒に泳げるかどうかは運と参加者のスキル次第。冬は波があって見つけられないことがほとんど。

お土産

フォノム島を題材にしたお土産は全く売っていない。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114942j:plain

フォノム島からの星空

フォノム島から見える星空の解説はこちら。

www.kurakurakurarin.com

ビール

チューク州ではあまりお酒が売っていない。「アーサー」という町中のスーパーに売っているがブルーラグーンからは車で15分くらい。行きの送迎のときに頼めば寄ってくれることもあるらしい。一番現実的な購入方法はブルーラグーンのフロントで買うか、敷地内にあるVINSマートで買う。VINSの方がホテルよりも安いが、隠して売っているので言わないと売ってくれない。バドワイザーのみ。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110125311j:plain

その他、旅小ネタ

島にいた2匹犬がいる。モアナとレンチ。レンチはよく吠えるのでちょっと怖いが、吠えるだけでなにもしてこない。モアナは大人しくて可愛い。

f:id:kurakurakurarin1991:20190110115047j:plain

モアナ

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114958j:plain

レンチ。顔が怖い。 

f:id:kurakurakurarin1991:20190110114058j:plain

フォノム島ではココナッツが飲み放題。言えば取ってくれる。常温でも美味しいが、ダイビングやシュノーケル前にとってもらって冷やしておいて飲むのが美味しい!

 

蚊もハエもほとんどいない。神経質でなければ虫除けは要らない。

  

チュークでは両替はできないので事前両替必須。米ドル。クレジットカードはブルーラグーン内では使えるが、基本現金精算。

ジープ島

チュークの無人島リゾート言えばジープ島。こっちの方が本家、といった感じだ。日本では。フォノム島も良いが、やはり長年日本人を受け入れてきただけあって、ジープ島も良い。ジープ島については下記の記事で詳しく紹介している。

kurakurakurarin.hatenablog.com

チュークのガイドブック

個人的に作成した、チュークのガイドブックです。日本語でのチュークのガイドブックとしては、最も詳しい内容になっています。旅行の参考にどうぞ。

www.kurakurakurarin.com

 

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村