Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

6日目 エスファハーン→ヤズド【バス移動、ゾロアスター教寺院、マスジェデ・ジャーメ、鳥葬場(沈黙の塔)】

朝7時起床
部屋の片付け、仕事、朝食をとる
朝食のナンを3枚、ビニール袋に入れて持っていくことにした

 

3泊分の精算
バザールで雑貨買いすぎてもうリアルがなかったので
USドルで支払い。3泊で75ドル。

 

ヤズドに行きたいと言うと、
宿の主人が北バスターミナルを薦めてくれた。
こっちのほうが近いと。

地球の歩き方には東ターミナルからヤズド、と書いてあったが
乗ってわかったけど、北バスターミナルを出ると、東バスターミナルを経由していた
つまり同じ路線だ

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031243j:plain

 

北バスターミナルまではタクシーで200000リアル(約600円)とオーナーにも言われた。
行きの値段はべつに高くなかったのか。。。

公共のバスまでオーナーが連れて行ってくれた。
これなら片道10000リアル。約30円。なんなのこの差

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031254j:plain 

 

北バスターミナルで客引きに言われるがままにヤズド行きを買う。
ちょうど30分後のバスがあった。
エスファハーンからヤズドまでADL社のバスで150000リアル(約500円)

 

バスのトイレ休憩はなし
乗客は半分くらい埋まってた。途中でビスケットとオレンジジュースがもらえる。

 

あたりはずっと荒野。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031302j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031316j:plain


kindleアルビノを見た。久しぶりに見る官能的なシーンにドキドキする。
しかもイランでこんなの見てていいのだろうか、という背徳感。
作品自体は愛と憎悪に満ちあふれていてよくわからなかった。

 

見ようと思ってた作品がオフライン期限が切れたとかで、見れなくなってた。
せっかくダウンロードしたのに、、、?なぜ、、、?

 

きっちり4時間でヤズドのバスターミナルに到着。14時頃着。
声をかけてきた客引きで英語を話せる人に相談。

 

まずは今夜の夜行バスの手配。テヘラン行きを購入。
20時発
300000リアル(約1000円)
このバス会社のカウンターで無料で荷物も預かってくれた。

 

客引きが英語を話せるって素晴らしい。久しぶりに安心する笑
ゾロアスター教の神殿と、沈黙の塔に行きたい、と言って彼の車を半日貸し切ることに。
高いかと思ったけど、英語話せるし仕方ない。夜まで拘束して35USドル。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031454j:plain

 

まずはゾロアスター教の寺院、アーテシュキャデ(ゾロアスター教寺院)
入場料150000リアル(約500円)
聖火が1500年以上燃え続けているらしい
意外と聖火と言ってもただの炎。ガラスが反射して中が見えにくい。途中で白い正装の人が炭を足していた。
隣が写真館と博物館。英語の展示がある。昔使われていたであろう、貯水庫も見れる。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031410j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031411j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031420j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031427j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031438j:plain

 

次に、運転手がマスジェデジャーメに連れて行ってくれた。
ここも入場料が80000リアルかかるはずだけど、係員がいなかったのでそのまま勝手に入った。
メナーレがイランで一番高いらしい。表側は綺麗だけど、裏にまわるとレンガのままだった笑
お金がないのかな。

メナーレの高さ以外は見るものもないのですぐ退散。
昔の水路などが見れるらしいが、全部閉まっていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031515j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031523j:plain


移動中、仕事のメールがひっきりなしにくる。
まったく、年末なのに。しかもけっこうめんどくさい話になるし。
こっちが海外にいることはクライアントにとって関係ないことは十分肝に銘じてるけど
さすがにここまで立て込むと面倒くさい、、、少しは考えてくれよ。もう12月27日だぜ。うちの会社最終営業日だっての。
まぁ、普通の会社は28日までやりますよね。普通の人は海外なんていないですよね。はいはい笑

 

アミールチャグマーグのタキーイェに移動。
マンションみたいになっているのが印象的な複合施設。
広場以外は特に見るものもないので写真だけ撮った。
ここは入場料なし。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031547j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031553j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031602j:plain

 

 

最後にお待ちかねの沈黙の塔へ。
ゾロアスター教の鳥葬場。今はもう鳥葬は禁止されている。
入場料150000リアル

ガイドなどはなく、自由に見れ回れる。結局2時間くらいいた。

入り口から見て右側と左側、両方登った。
まぁまぁ歩くので疲れた。
左側のほうが高いので眺めは良い。砂でけっこう滑るのでスニーカー推奨。
途中、高くて怖いので高所恐怖症の人は無理かも笑

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031628j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031638j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031642j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031646j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031649j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031657j:plain

 

 

夕暮れ時が綺麗だったので、夕方行くのがいいかも。
これ夏だったらかなりきついだろうなぁ、、、

上からの眺めは綺麗で、街と街を囲む山々、地平線の彼方まで赤い大地を眺められる。
お茶とビスケットなんてあったら最高。座ってゆっくり夕日を眺めた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031702j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031716j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031726j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031732j:plain

 

 

18時くらいにドライバーのところに戻った。
長居しすぎだと怒っていたが、あなたは今日私が一日雇ったの。黙って笑

 

バスターミナルに移動。他にも庭園などあったが
毎回入場料かかるし、疲れた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031747j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031750j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031759j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031806j:plain

 

ドライバーには32USドルと100000リアルを渡した。

バスターミナルの待合室にはWi-Fiがあったが、繋がらない。
なぜかイランセルのSIMでのテザリングもできない。
IPアドレスが取得できないとか。もしかしてイランセルテザリングに対応してない?
仕事のメールでくる、パスワードつきの添付ファイルがiPhoneでは開けないのだ、、、

 

売店でペプシ缶と大きなカールみたいなお菓子を買った。40000リアル(約130円)
このカールもどきがとても美味しかった。カールの粉が2倍!みたいな味の濃さ

 

20時くらいにバスカウンターに行って、バスを教えてもらう。
寝台ではなく、普通のイスのバス。満員ではないので一応横になって寝れた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031828j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180109031837j:plain

 

明日は朝5時にテヘラン着。
車内は暖房が効きすぎて暑い

 

探偵はバーにいる、を見た。
大泉洋が演じてるとどうしても全部ギャグに見える笑
でもいい映画だった。B級感あるけど、話がわかりやすいし展開が早い。
ウィスキーとタバコが欲しくなる映画だった。

 

半月が輝いてる。星も綺麗。
車のヘッドライトが細い光の線になって続いている。
綺麗な夜景だった。