Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

3日目 テヘラン→イスファハーン(エスファハン)

朝起床。ちょっと寝すぎた。9時。

急いで片付けをして、二人に別れを言う。

朝ごはんくらい食べていけ、と言われるが寝すぎた、と言って残念ながら断る。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012746j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012755j:plain

 

 

チェキを撮って、写真を撮って、お別れ。

前にも後ろにもバックパックを背負って歩いてバスターミナルに向かう

クリスの住んでいるあたりは坂が多くて、けっこう大変だった。

歩いて20分くらいでバスターミナルに到着。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012854j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012902j:plain

 

カーシャーンに寄って地下都市にいくつもりだったが小さいバスターミナルなのか、カーシャーン行きはなかった。

今から別のバスターミナル(ここからだと30分以上かかる)に行くのも嫌だったので仕方なくまずはエスファハーンに向かうことに。

 

バスターミナルでは男たちが行き先を叫んでいるので相談すればチケット購入まで手伝ってくれる。

ターミナルには売店もある、

 

seiro safarのバスでテヘランからエスファハーンまで330000リアル

飲み物とお菓子付き、USB充電可能。wifiもあった(接続未確認)

シートはゆったりで、自由席(多分チケットには指定があった)

エアコンつき。暑いくらい

所要時間は6時間

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012945j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012951j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107012958j:plain

 

 

10:30出発

テヘランの街を出ると、あたり一面は荒野。なにもない平坦な道をひたすら走る。

バス内ではkindle fireamazon primeからダウンロードしておいたスラムダンクを10話くらい見た。プライム会員やっぱすごい

ちょうど半分くらいのところでトイレ休憩があった。20分停車。

レストランやカフェがあって、日本のサービスエリアと何も変わらない

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013104j:plain

 

カーシャーンが近かったので、途中で降ろしてもらえないか聞いてみたが、違う道?なのか高速道路から降りないからなのか、とにかく無理と。

休憩後は寝たり、地球の歩き方読んだりして過ごしたあと、ブルースブラザーズを見た。

久しぶりに見たけど面白い!こんなバンドがしてみたい。

改めて見るとすごい出演者たちだ。ミッシェルのバードメンのpvは最後の車が壊れるところをオマージュしてるのかな?

 

16:30頃にエスファハーン到着。バスターミナルは北側。市内までは数キロ。

タクシーがたくさんいるので、とりあえず捕まえて、目をつけていたナグシェ・ジャハーンホテルへ。

絶対高いけど、ホテルまでは10分くらいで200000リアル

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013123j:plain

 

ホテルは予約していなかったが空いていたのでそのままチェックイン。

 

ナグシェ・ジャハーンホテル

Naghshe Jahan Hotel

一泊 1020000リアル

エアコンつき

ホットシャワーはきちんと出る

wifiはロビーのみだがしっかりつながる

オーナーが英語できるので、色々相談可能

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013155j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013202j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013211j:plain

 

とりあえず荷物を置いて、オーナーに相談。

実は、空港で日本人旅行者と会っていて、エスファハーンで一度会う約束をしていた。その人に一緒にタクシーを貸し切ってカーシャーン近くの地下都市nashbadに行こうと提案したところ、OKだと。

 

エスファハーンからnashbadは約3時間。往復6時間。

オーナーがタクシー会社と掛け合ってくれて、しかも値引き交渉までしてくれて

高速代金やガソリン代など全て込みで2,000,000リアル

一人3300円くらい。

 

条件を整えてくれたものの、けっこう値段が高かったので日本人旅行者に連絡するも、返事がなく。俺は散歩に出かけた。結局、夜20時くらいに返事があって、予約ができた。

 

ホテルからスィーオセ橋まで散歩。夜でも全然危ない雰囲気はなくて、お店もやっているから道は明るい、人もたくさん歩いている。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013257j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013306j:plain

 

近くのスポーツショップでセパハンのユニフォームを探したけど、クオリティが低すぎて買うのやめた。サイズもないし。

 

橋までは約2キロ。ずっとお店が並んでいるので飽きない。

テヘランより少し暑い。

 

途中でチョコレートドーナツを買った。300000リアル。100円もする割にそんなにおいしくなかった。

 

イランに来た目的のひとつでもあるスィーオセ橋。川の水面に映る橋がとても綺麗で、楽しみにしていたのに今乾季で川が干上がっていた、、、、

 

でもやはり橋はとっても綺麗。素晴らしい。1時間くらい写真撮ってた。

地元の人もたくさんいて、たまり場になっているみたい。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013404j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013406j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013409j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013416j:plain

 

 

 

途中でスウェーデン人に話しかけられた。すぐに気付かなかったけど、言われて気付いた。テヘランからのバスが同じだった人だ!彼いわく、俺をテヘランでも見かけたらしい。

 

川は干上がっていて残念だったけど、逆に言えば川から写真が撮れる。干上がった川底を歩いていって、遠くから写真を撮った。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013430j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013448j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013453j:plain

 

干上がってるので橋の下側にも行ってみた。飛び石になっていたので、川があっても下で遊べるようだ。下側も綺麗。

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013555j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013602j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013606j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013610j:plain

 

南側の岸は大きなホテルがあったけど、それ以外はなにもなさそうだったので戻る。この橋の上で日本の友達と電話したのは良い思い出。偶然かかってきただけだけど。

 

橋からホテルに戻る。途中のケンタッキーハウスというケンタッキーのパクリみたいなお店でグリルチキンハンバーガーとコカコーラを飲む。焼き立てのチキンと冷えたコーラがとても美味しかった。合わせて150000リアル

f:id:kurakurakurarin1991:20180107013623j:plain

 

ホテルに戻って、シャワー浴びる。

片付けして、就寝。