Travel Kurarin

古着、ドクターマーチン、沈船ダイビング、海外旅行など雑記ブログ。Ex 観光ガイドブック出版社勤務、JICA海外協力隊 2018-1次隊 ミクロネシア連邦チューク州。月間約8万PV。訪問国は約50カ国。執筆依頼、取材、問合せはコチラ。

軽井沢の古着屋まとめ!「平田商店」に行ってみた【北軽井沢、旧軽井沢、American casual clothing US 軽井沢、北軽井沢 古着屋 、アメリカンカジュアルクロージング】

軽井沢に新しい古着屋「メゾン・マ・マニエ」がオープン(2022年3月更新)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

メゾン・マ・マニエ(@maison_ma_maniere)がシェアした投稿

軽井沢は古着屋ほぼ皆無の土地だったが、ユーロビンテージ古着屋「メゾン・マ・マニエ」が2022年3月にオープンした。

https://www.instagram.com/maison_ma_maniere

フランス仕入れの本物ビンテージが並んでおり、食器などのアンティークも扱っている。オーナーさんは軽井沢出身。

https://www.instagram.com/shimada_ryuta0531/

軽井沢本通り沿いで、アクセス抜群。次回訪問したい。

軽井沢の古着屋「平田商店」に行ってみた

f:id:kurakurakurarin1991:20201018215244j:plain

軽井沢には古着屋はほぼないようで、ネットで調べても全然出てこない。おしゃれな雑貨屋や服屋はいくらでも出てくるが、さすがに避暑地、高級リゾート、温泉地には古着屋はないのかもしれない。

そんな中、色々調べていると唯一見つけたのがこの「平田商店」

中軽井沢駅から近く、目印は交差点のローソン。写真の通り、かなりインパクトのある見た目なので、見つけやすい。お店の前には車が1台停められる。ハルニレテラスや軽井沢銀座商店街からも車で来れる距離だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MASAE(@masae__garula)がシェアした投稿

写真を取り忘れたが、敷地内の壁にたてかけられた鉄板に「American casual clothing US」と書かれているのでそれが店名だと思われていることが多いらしい。よく見ると看板には平田商店と書かれている。インスタグラムなどで調べてみると「アメリカンカジュアルクロージング」で投稿されているのを見つけた。

かなりうっそうとした見た目なので、入りづらい。店頭には商品が並べられていて、営業していることがわかる。

中に入ってみると、初老の男性が一人。特に声をかけられることもなく、自由に商品を見ることができたので、入りにくいけど入ってしまえば問題なかった。

商品は古着屋というよりもミリタリーウェアのデッドストックが多い。古着も少しあったが、ミリタリー系が多かった。価格は3,000~20,000円あたり。軍払い下げ品もあれば復刻もあった。完全に倉庫のような店内は雰囲気抜群のアメカジ、ミリタリー系ショップだった。革ジャン、ピーコート、モッズコート、フライトジャケット、シャツなど。ほぼメンズ。