Travel Kurarin

古着、ドクターマーチン、沈船ダイビング、海外旅行など雑記ブログ。Ex 観光ガイドブック出版社勤務、JICA海外協力隊 2018-1次隊 ミクロネシア連邦チューク州。月間約8万PV。訪問国は約50カ国。執筆依頼、取材、問合せはコチラ。

大容量なのに軽く感じる不思議なリュック“FREELITEバッグ”がクラウドファンディングで先行購入を受付中!

両手を空けることができ、しっかり荷物を詰め込めるリュックサックはカジュアルな場面でもビジネスシーンにおいても有用性が高く、人気のバッグなのではないだろうか。私も長らくリュックサックを愛用しており、PCなども入れられる少し大きめのものを好んで使用している。

デメリットとしては荷物を詰めすぎると重くなってしまい、移動が長時間になると腰や背中が痛くなってしまうことや中に入れた財布や小物を取り出す時にいちいち背中から下ろさないといけないことが挙げられるが、そんなリュックサックの悩みを解決してくれる画期的な商品がMakuakeでクラウドファンディングで先行購入を受付中だ。

バネのようなクッションで軽くて疲れを軽減!大容量多機能リュック FREELITE|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

特殊ラバー素材がバッグの重みを軽減!大容量なのに軽々背負えるバックパック!

Makuakeでクラウドファンディングで先行購入を募集している、FREELITE(フリーライト)というリュックサック。ハーネスの接合部にAirFree(エアフリー)と呼ばれる特殊ラバー素材が使用されている。弾力性を持つこの素材が、車のサスペンションのように機能し、リュックの重さを逃してくれるため、背負った時に軽く感じられ、疲れにくい設計になっている。

ハーネス自体も圧縮ウレタンが使用されており、クッション性が高められている。これにより背中や肩への負担も軽減されるため、長時間の持ち運びでも心配はいらないだろう。

23Lと大容量の収納力に加え、撥水性を持たせた生地を使用しているため、普段使いだけでなく、アウトドアなどでも活躍してくれそうだ。社会人のみならず、教科書・参考書、部活道具を毎日持ち運ばなければならない中高生にもオススメできるバッグだ。

リュックユーザーの悩みを解決!脱着可能なマルチポーチ付き!

家の鍵やスマホなど、使用頻度の高い小物をリュックに仕舞っていると取り出すたびにリュックを下ろさないといけないのが手間なのだが、こうしたリュックユーザーの悩みを解決してくれる機能がFREELITEには備わっている。

脱着可能なマルチポーチが付属しており、スマホやパスケースなどの小物を入れるのにピッタリなサイズ感で、リュックのハーネス部のループに取り付けることができるため小物を取り出す時の手間を解消してくれる。

マルチポーチにも独立したカラビナやヒモがついているため、ウエストポーチとして使用することも可能。

カラビナを外したり、使いやすいようにカスタマイズもできる。

ヒモを活用することで多様な使い方ができるのが嬉しいポイントだ。ぜひ自分好みにアレンジして使ってみて欲しい。

まだまだあるFREELITEバッグの魅力!

FREELITEバッグにはリュックユーザーにとって魅力的な機能が多数備わっている。

リュック上部には長さを調整できるバックル式の持ち手がついており、リュックを何かに吊るす時に使用できる。また、この持ち手には洋服やマフラーなどをかけることもできるため、旅行などで荷物をまとめる時などにも役立ちそう。

 

リュックをホールドする際に便利なチェストベルト。左右のハーネスに数段にわたってループが作られているため、体格や使用感に合わせてベルトの位置を調整できるのも魅力的だ。

ハーネスのループにはキーホルダーやイヤホンケースなども取り付け可能。色々な使い方ができそう!細かい荷物が増えてきた昨今は活用しない手はないだろう。

バッグメーカーのノウハウが詰まったFREELITEバッグはMakuakeで注文を受け付け中!

機能性に優れ誰もが便利に使えるカバンを作りたいという開発者の想いと工夫が目一杯に詰まったFREELITEバッグ。バッグメーカーで培った知識と技術があったからこそ開発できた画期的な商品だ。

2月中の製品発送も可能とのこと。リュックユーザーの方はぜひFREELITEバッグのページを訪れて、その魅力に触れてほしい。詳細は下記URLから。

軽く感じる不思議なリュックFREELITE