Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

駒ヶ根訓練所 11週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】

最後の週。昨日、昼間から飲んでいたのでぐっすり寝れなかった。朝、少しお酒が残っている感じがする。

 

月曜日。午前は最後の語学授業。さらっとゲームをやって終わった。ブライアンに色紙を渡した。卒業式!みたいなことをしているクラスもあって、泣いている人も多かった。英語にはそういった団結感というか達成感がないので、寂しい。青春みたいにしている他の言語が羨ましかった。

 

午後は調査手法。教育局の人が来て、発表。他の班の意見を聞くと、思いもしなかった意見が出てくるので、楽しい。いろんな人のアイディアや意見を聞くのは良いことだね。ワークショップ形式の良さを知った。

 

夕方は最後のフットサル。楽しかった!!!

www.youtube.com

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180611231852j:plain

 夜は、語学の先生たちとマックに行っておしゃべり。セネガルの先生もいて、国際結婚とか人種差別の話をした。センシティブな話題だったけど、聞けてよかった。そして、こういった場でも話の内容がわかって、自分の意見も言えるようになって、英語上達したかも、って思った。

 

消灯後は、荷物の整理。結局、俺は自力で荷物を実家に送り返したけど、それは失敗だった。訓練生で手配した、西濃運輸の方が全然安かった。判断を間違えた原因が、西濃運輸の荷物サイズで、最初に聞いていたサイズだと宅急便80サイズくらいだった。なので小さすぎるから手配をしなかったのだが、実際はもっと大きな120サイズくらいまで発送できた。まぁ俺のミスだけど、最初の連絡からきちんとしてほしかったなぁ。

 

火曜日。午前中は所長講話。ネパール地震の時の話が面白かった。その後のオリエンテーションは制度のことや準備についての話。午後は進路について。キャリアコンサル会社の人が来た。未来を考えることが嫌いな俺にとっては退屈な時間だった。この日は終日、かなりの人が授業中に寝ていた。まぁ、最後だし仕方ないか。外務省講話は、俺も寝てしまった。講師の人、自分で「つまらない話」って何回も言うんだもん、、、笑

 トラブルがあっても、きちんと対応すればそれは計画された偶発性になる(クランボルツ)らしい。良い。

 

壮行会バンドの練習。やろう!と言ってくれたメイさんに感謝。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144729j:plain

 

 

最後は掃除。班ごとに担当場所を掃除する。担当エリアの一部だった、女子棟の洗濯物乾燥室掃除してたら、普通に下着が干されていてビビった(この時点で乾燥室の使用は禁止だったはず)

 

最後にドローンを飛ばした。綺麗な夕日だった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144123j:plain

最後の夜は、けっこう飲みに出る人も多かったけど、半分くらいは訓練所にいたかな。俺は荷物の整理、楽器の練習、フランス語クラスのお菓子パーティーとかに参加して、過ごした。

22時の門限時には玄関と中庭に人が溢れていた。喫煙所に人が溜まっていたのでそこで談笑。この日は23時の消灯を過ぎてもずっとうるさくて、なぜかわからないけど、ひたすらファンキーモンキーベイビーズの曲のサビだけを大合唱しているグループがいた。24時を過ぎても物音や騒ぎ声が止まなかった。ベッドで横になりながら、みんな別れが惜しいんだなぁ、とちょっと悲しくなった。バックパック旅行で、好きな街から離れる時にうるさい街の喧騒も心地よく聞こえて名残惜しくなるのと同じで、この日はギャーギャーうるさいのもちょっと良かった。

 

水曜日。最後の日。

朝は最後の朝礼。結局忘れ物はなくならなかったなぁ。

居室の点検。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144156j:plain

適当かな、と思ってたけどずいぶん厳しくチェックしていた。引き出しの中や、机の横の溝、ベッドの下、扉の裏などの死角もチェックしていた。何人かはゴミが落ちてるとか、ほこりがあるとか、ティッシュ箱の放置とかで注意されていた。

この時、カゴやコップはリサイクルスペースに出せるが、それ以外はダメなのにみんなが置き始めてしまい、最後すごいことになっていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144630j:plain

 

そこからはもう大忙しで、荷物を移動させて、修了式のリハーサルをやって、修了式して、卒業証書もらって、壮行会へ。この壮行会はビールがでる。ご飯はあんまり美味しくなかった。1時間半しかないし、会場が混むのですごい様子だった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144234j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144240j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144256j:plain

 

ビデオの上映やバンド演奏をした。俺は有志で集まったバンドで「空も飛べるはず」を演奏した。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144506j:plain

 

ソーラン節、みんなで撮ったダンスムービーもあった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144339j:plain

 

壮行会が終わったら速攻帰りの準備。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144404j:plain

 

訓練所からのバスがすぐ出てしまうのだ。俺は楽器の片付けもあったので、壮行会中に準備を進めてしまって、こっそり先に荷物だけ運んでおいた。この辺でみんな号泣してて、別れの言葉も満足にできずバタバタで解散になる。帰りのバスの中は泣いてる人もいて、不思議な雰囲気だった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624144417j:plain

 

俺は駒ヶ根バスターミナルに行って、17時まで待った。荷物がいくつかあったので、バスターミナル近くの郵便局から実家に送った。スーツケースとバックパックそれぞれ20kgくらいで合計4500円くらいだった。

 

新宿バスタで、バス乗り換えの同じ班の人と話して、解散。家に着いたのは24時くらい。これで駒ヶ根訓練所生活終了。最終日の流れが早すぎて、実感がない笑