Travel Kurarin

元旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

PACで黄ばんだチャンピオン白Tシャツを染めてみた【使い方、色落ち、パックファブリックダイ、PAC FABRIC DYE、簡単、染め直し、綿、コットン、洋服、一色、染め方、やり方、リメイク、古着】

f:id:kurakurakurarin1991:20210828101044p:plain

夏に重宝する、白いTシャツだが、汗などで黄ばみやすい。PACファブリックダイでChampionのポケットTシャツを染めてみた。綺麗な色に染めることができた。作業は簡単だが、いくつか気をつけて作業しないと色ムラになったりするので注意。

PACファブリックダイを使用

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235532j:plain

使ったのはPACファブリックダイのビンテージブルー。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235747j:plain

染めた後。色見本に近い色に染まった。コットンで出来たTシャツ自体は綺麗に染まった。ポリエステルやナイロンなどの化学繊維で出来た縫い糸やタグは染まらない。Championのロゴワッペンは染まってしまうので注意。

染めたのは黄ばんだポケットTシャツ

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235523j:plain

これが今回染めたTシャツ。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235526j:plain

チャンピオンの綿100%Tシャツ。首元が黄ばんで汚れている。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235529j:plain

こちらもチャンピオンのポケットTシャツ。素材はコットン。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235532j:plain

使ったのはPACファブリックダイのビンテージブルー。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235747j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235535j:plain

ネイビーや紺色系だと思ったが染めてみると、緑に近いかも。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235723j:plain

他にも色々な種類があり、タイダイ染めも可能。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235726j:plain

Q&Aもわかりやすい。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235730j:plain

染料を少なくすれば薄く染めることもできる。

家庭用染色キット | PAC Fabric Dye | 日本

PACファブリックダイを使った染め方。染まる素材、染められない素材。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235538j:plain

初心者でもわかるように写真付きで説明があるので安心。ネットにも使い方と動画が公式にアップされており、とてもわかりやすい。

使い方 | PAC FABRIC DYE[パックファブリックダイ]

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235541j:plain

内容物は染料の粉、色止め剤、固着剤。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235544j:plain

染まる素材や量などの説明もある。綿、コットン、麻、レーユオン、キュプラなどかなり幅広い繊維が染まる。ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は染まらない。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235548j:plain

必要なものリスト。ゴム手袋は必須。手に付くと面倒。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235551j:plain

手順の説明。乾燥させるまで全体で2ー3時間かかる。特に染めている時の1時間半くらいにはこまめに混ぜる必要があって、放置はできず、手が離せなくなる。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235554j:plain

Tシャツを染めるぐらいなら1パックで足りるが、パーカーなどの重い衣服を染める場合は2パック以上必要になる。

染められる重量と必要なPACファブリックダイの量

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235557j:plain

今回染めたTシャツは2枚で346g。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235600j:plain

本来なら1.5パックくらい必要だが、黄ばみが目立たなくなれば良いので1パックで染めた。

染料を作る

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235603j:plain

家に白い塩がなくて、ヒマラヤのピンクソルトで染めた。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235606j:plain

300g計る。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235610j:plain

家の風呂場の給湯器では40度くらいのお湯しか出せなかったし、混ぜていて冷めることを想定して鍋で沸騰させたお湯と風呂場で出したぬるま湯を混ぜた。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235614j:plain

染料の粉を混ぜる。手や床に着くと落ちにくくなるので注意。特に手につくと落ちにくいのでゴム手袋推奨。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235618j:plain

染料を混ぜると色の濃さにビビる。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235621j:plain

お湯に塩を混ぜた。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235623j:plain

ピンクソルトなので変な垢が出てきて、ピンクになっているが、染めには影響はなかった。

Tシャツを染料に漬ける

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235626j:plain

染める白いTシャツを濡らす。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235630j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235632j:plain

2つの液体を混ぜた。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235636j:plain

かなり色が濃い。実際はこんなに濃く染まらないので安心してTシャツを漬けよう。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235639j:plain

この染料液体は床などについてもすぐ水で流せば色はつかないが、飛び散ると面倒なので慎重にTシャツを漬けていく。ゆっくり浸けると染料液体の染み込みも良い。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235642j:plain

一回つけて引き上げた。ここまですぐ色が付く。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235646j:plain

ゆっくり入れて、様子見。

少し失敗。色ムラがでた原因。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235659j:plain

完全にTシャツが沈んだ。2枚入れた状態。結果、今回はTシャツの染めにムラが出てしまった。失敗理由はこの染めているときに、こまめに混ぜなかったこと(30分に1回、計2回しか混ぜなかった)とバケツが小さくて中でTシャツが広がらず、重なっていたのが原因だと思われる。

染料を流して、洗う

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235702j:plain

染料液体を流した。思ったより濃く染まってるな!

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235705j:plain

洗剤を使って洗浄する。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235708j:plain

ガンガン水を流して、染料を流す。この時の染料は床についても水で流せば落ちるので風呂場にそのまま流せる。

色止め剤に漬ける

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235712j:plain

ある程度、流した水が透明になってきたら色止め剤を入れる。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235715j:plain

色止め剤の成分なのか?塗料が溶けたので注意。Tシャツを染めている間はずっとゴム手袋で触るのを推奨。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235718j:plain

色止め剤に浸ける。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235721j:plain

最後に流水で流す。この時にはほとんど色水は出てこない。

完成!ビンテージブルーに染まったTシャツ

 

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235733j:plain

染めた結果。実物はもう少し暗めの印象。化学繊維の糸やステッチは染まっていないのがわかる。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235736j:plain

もう一枚のチャンピオンのポケットTシャツ。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235741j:plain

布が重なっていたような、染めのムラがある。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235744j:plain

染料の染み込みが甘かったのか、Tシャツの重なりが原因なのか、ムラがけっこう目立つ。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235747j:plain

パッケージについていた色見本との比較。ほぼ見本通りだが光沢有無で色の印象はずいぶん変わる。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235750j:plain

綿、コットンが染まるので、化学繊維製のタグや糸は染まらない。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235753j:plain

肩口にあるチャンピオンのロゴワッペンは染まってしまった。

f:id:kurakurakurarin1991:20210727235757j:plain

内タグは染まらず。

【関連記事】PACでビンテージ綿ジャケットを染めてみた

f:id:kurakurakurarin1991:20210828102615p:plain

ビンテージのスクールジャケットを染め直した。PACファブリックダイのビンテージブルーを使用。古着のリメイクとしては染めるだけなので簡単で誰でもできるが、こまめに混ぜたりする必要があり、意外と面倒。それでも気に入っている古着をもう一度着れるようになってとても満足。

PACでビンテージ綿ジャケットを染めてみた - Travel Kurarin

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村