Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

スーパーミューが破れたので直してみた【スーパーミュー、ゴムフィン、GULL、ガルフィン、ミューフィン、修理、踵の破れ】

GULLのスーパーミュー。日本人ダイバーならほぼ全員が持っているんじゃないか、と思うほど人気のフィンだ。ゴムフィンなので、流れのあるドリフトダイビングでも使えるし、楽。シュノーケルとかでもプラフィンに比べて進むのが速いので、楽。

スーパーミューが破れた

ゴムフィンの宿命だが、いつか破れる時が来る。個体差や使い方によって違うそうだが、大体は踵の部分が破れる。俺の使っているミューフィンも破れた。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831174926j:plain

やっぱり踵の部分だ。大きな破れではないが、ここからすぐ広がってしまうので、早めに修理することにした。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831175017j:plain

一番薄い部分なので、今にもビリビリ破れそうで怖い。ダイビング中に破れたりしなくてよかった。案外、簡単に破れることもあるらしいが、安いものでもないので簡単に修理ができればいいなぁ。

使うのは自転車用パンク修理キット

いくつか調べてみたが、なかなか有効な修理方法はないようだ。ゴム用接着剤などを使っても、ダイビング時の潮や直射日光で劣化してしまうらしい。今回は手元にあった自転車用のパンク修理キットを使ってみた。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831175025j:plain

やり方は簡単。ミューフィンの破れた部分を削って、ゴム接着剤を付けて、その上からパンク修理のパッチを貼る。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831174916j:plain

まずは破れた部分、パッチを貼る部分を削る。けっこうがっつり削っておかないと接着剤の効果が低くなるので、思いっきりいこう。この時に力を入れすぎてうっかりフィン自体を破らないように笑

f:id:kurakurakurarin1991:20190831175001j:plain

パンク修理パッチが大きかったので、小さめに切って貼る。今回は踵の外側と内側から挟むようにして貼ってみた。傷を覆ってほしかったので、少し大きめにカットして、踵のラインよりも上で張り合わせてみた。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831174954j:plain

内側。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831175013j:plain

少し時間を置いて、接着具合を確認。パッチの端が少し浮いていたので、再度削って、接着剤を紙の切れ端で追加で中まで押し込む。この作業をしておかないと、パッチがすぐ剥がれそう。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831175007j:plain

接着剤が乾く前に、ペンチで圧着する。これで完成。

修理後、実際に使ってみた。

修理後、1週間シュノーケルなどで使用してみた。結果、パッチが剥がれたり、破れることはなかったが、やっぱり劣化してしまった。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831181156j:plain

フィンの踵のラインからはみ出した部分は直射日光などで劣化し、縮んだり、歪んでしまった。それでもきちんと接着しておいたからか、傷が露出したり、張り合わせた部分が剥がれることはなかった。

パッチの端は剥がれてしまった。ゴムフィンの接着面が劣化して、表面が剥がれてしまったように見える。

f:id:kurakurakurarin1991:20190831181215j:plain

剥がれた部分には接着剤を同じように流し込み、同じ手順でもう一度圧着した。今の所、これで問題なさそうだが、何度も使っていくにつれて、やはりパッチがダメになって剥がれそうだ。

冷静に考えてみると、自転車の修理パッチは直射日光に当たることを想定されていないので、薄い部分などはすぐ劣化しそう。ダイビング後の潮がついた状態で直射日光に当たるのはダイビングでは避けることができない。

まぁ、とりあえずの修理にはなっているし、傷が露出していないからこれ以上広がることも今の所はなさそうだ。

 

海外での通信はグローバルWi-Fi。Wi-Fiルーターが1000円引きで申し込める。

ホテルと航空券予約はやっぱりエクスペディアが便利。JCBやVISAの優待を使えば8%オフになる。

 

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村