Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

ミクロネシア OB隊員 任国事情

Hさん
27年(2015年1次隊)

バングラデシュ派遣 半年後にミクロネシアに任地変更
小学校教育

 

ミクロネシア
ウーマンズデー、盛り上がる
みんなダンスする

 

アメリカからの自由連合協(compact)
2023年に終了
国民は終了に危機感なし

漁業の入船料でも収益がある

 

四谷ソケースロックカフェ(ライブハウス)

www.sokehsrock.com

 

日本の物はなんでもある(ヤップとコスラエ除く)

 

メインの食事は
米、鶏肉、豚肉、魚、イヌ、豚肉、亀
マグロある。さしみ食べれる

 

ビートルナッツという嗜好品
ガムみたいな。おいしくない

 

KOOLaidという謎の加工食品が人気

 

コスラエスープ(日曜日のスープ)
コスラエは日曜日がお祈りだから外出不可
日曜日のために作っておいて、食べる

 

サカオ(カヴァ)
鎮痛作用のあるお酒
現地の人も美味しくない

 

歯医者は必ず行っておいた方が良い
虫歯の人はいた

 

Wi-Fiは悪くない
レストランとか行けばネットはきちんとある

 

現地の人はあまりお酒は飲まない
仕事終わりに飲みに行ったりしない
なにかあれば、サカオを飲む

 

任国外20日は厳密
ダイビングの保険もちゃんと見られる

 

スーツは全く要らない
革靴も不要
サンダルでもいい。少し革のやつとかがあるといい?
ビーサンとかめっちゃはく
大使館のパーティでもサンダル
シャツ不要。とにかくアロハシャツ
ポンペイに仕立て屋がある
スニーカーは1個あればOK
正装はアロハ、長ズボン、サンダルでok

 

Hさんは現地で髪の毛が長かった
お団子にしていたが怒られなかったそうだ

 

マイクロゲームというオリンピックみたいなのが4年に1回ある

2018年7月15-27日 ヤップで開催

Micro Games 2018 | More Than Just Games

 

過電圧はほぼない

 

虫除けは現地で手に入る
蚊帳は使わない

 

USAamazonが1カ月くらいかかるけど、届く
日本のamazonは届かない

 

生演奏のレストランがある
ポンペイならエレキギターも売ってるかも、、、??


ホームセンターあり

 

ピースコー撤退するらしい
ホテル経営などで住んでいる白人はいる
中国の支援でインフラ整備が多い。駐在員もいる。

 

野菜はでない
暑いから食べる量が減った

 

荷物は船便でもOKだった

 
生活費はめっちゃ足りる


アルコールはなんでもある
ヤップに地ビールあり

 

ウクレレやギターは盛ん
音楽はみんなやっている

 

あわてず
あせらず
あらそわず
あてにしない
あきらめない

 

日本のカップヌードルはすごく喜ばれる
お土産としておすすめ
現地人はみんな食べる

 

コスラエは宗教や文化のルールが厳しい
教会も毎週行く

 

ホームステイはたまに問題が起きる

 

スリは少ない、いつもサンダル
でもチュークは気をつける必要がある