Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア連邦チューク州 観光)のメモ

コロン、沈船ダイビングの旅 2日目【コロン、ブスアンガ空港、ドミトリー、シーホースゲストハウス、コロンシーダイブリゾート、フィリピン】

マニラからコロンへ。ブスアンガ空港

コロンの空港はブスアンガ空港という名前。こじんまりした空港で、預けた荷物も人力で運ばれてくる。

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165850j:plain

空港前にはタクシーがたむろしているので、適当に捕まえてコロンの町中に向かう。

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165857j:plain

コロン到着

コロン島の中心地は田舎。いくつかのマーケットとお店、飲食店、バー、ダイビングショップしかない。

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165823j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20170917221810j:image

コロンのドミトリー、シーホースゲストハウス

宿はドミトリーで、シーホースゲストハウスに泊まった。

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165808j:plain

 

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165801j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165902j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165907j:plain

ドミトリーはそこまで汚くなく、悪くなかった。Wi-Fiが部屋では使えず、屋上でのみ。

ダイビングショップ、コロンシーダイブリゾート

f:id:kurakurakurarin1991:20191120165831j:plain

 

 

時折、雨が降る。夕方には一度豪雨に。ダイビングはいくつかのお店をまわったが、やはりどこも沈船。いいぞ。いくつかまわって、俺は地球の歩き方にも乗っているコロンダイブリゾートで予約をした。

f:id:kurakurakurarin1991:20170917221836j:image

ナイトダイブは基本しないらしい。2800ペソで3ダイブが底値。

コロンの町中を散歩

街の端の方にいくと、水上生活のエリアがあった。少し、治安が悪そう。街のコートでは子どもたちがバスケをしていた。その横では、なにかの講演会?政治演説?が行われていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20191120171033j:plain

トライシクルも執拗に声をかけてこないし、あまり危ない雰囲気もない。マニラでの緊張感がスッとなくなった。

宿に一度戻って、昼寝。同じドミトリーにはカナダ人のカップル。

コロンの山に登る

夕方から山に登った。けっこう階段は急で危ないし、暑いから汗かく。山頂からの長めは確かに綺麗。これは登る価値がある。夕暮れが海に反射して綺麗。白いCOLONの文字もライトアップされた。

いくつかの島に囲まれてるのを見て、タオ島を思い出した。2台のカメラでひたすら写真を撮る。

f:id:kurakurakurarin1991:20170917221735j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20191120170903j:plain

帰りは真っ暗で、足元が見えなくて怖い。現地人も携帯のライトをつかって降りてた。夕飯はBUZZに行ったが、高いし大して美味しくなかった。

f:id:kurakurakurarin1991:20170917221215j:plain

夜の景色を眺めてみると、カラオケやバンドの生演奏をしているところもある。夜は22:00ごろに少し散歩してみたが、いくつかのお店はやってる。スーパーのようなお店、バー、グリル屋さんくらいなら、遅くまでやっているようだ。ただ、大体のお店が閉まっている。欧米人をたまに見るくらいで、あまり旅行者はいないようだ。

宿に戻って、寝る。ゲストハウスあるあるだが、冷房効きすぎ。エアコンの真横のベッドだったので、ファンがガタガタうるさい